保育者のためのレベルアップ勉強会

 

保育者のためのレベルアップ勉強会

今日の保育所現場では、発達の気になる子ども、困難を抱える保護者の増加といった問題に直面しています。子どもの発達支援、保護者支援、地域の子育て支援という役割を担いつつ、利用者の問題に対応するために、保育士の専門性の向上が求められています。このような保育士を支援するために2012年より「保育士のための元気アップ勉強会」を実施してきました。 勉強会の内容は、①関わりの難しい子どもの理解、②支援に困難を感じる保護者の理解と支援を柱としています。保育者が新たな知識を獲得することで、保育実践の質的な向上が図れるよう支援することを目的としてします。 2019年度よりこども園、幼稚園、地域型保育事業所にも案内を広げ、福祉分野と医学・心理分野の講師による保育者のための「レベルアップ勉強会」として開催しています。

これまでの実績

 勉強会は主に講義形式として行っており、講師の専門に合わせてテーマを設定しています。講師は臨床教育学研究科教授の倉石哲也(2012~2019)、石川道子(2013~2017)、中井昭夫(2018~2019)が担当しています。

年・期 テーマ 講師
2012年 秋期 1 子ども理解を深める児童の今日的理解  愛着障害のとらえ方 倉石
2 保護者理解を深める  対応に困難を感じる保護者への支援のあり方 倉石
3 保育士の自己理解を深める  保育士の人材育成とメンタルヘルスについて 倉石
2013年 春期 1 子ども理解を深める  愛着と愛着障害を中心として 倉石
2 発達の理解を深める  気になる子の理解と支援 石川
3 保護者理解を深める  困難を抱える保護者理解と対応 倉石
2013年 秋期 1 子ども理解を深める  反応性愛着障害の理解と支援 倉石
2 発達の理解を深める  自閉症スペクトラムへの効果的支援 石川
3 保護者理解を深める  困難家庭への支援を保育ソーシャルワークの視点から 倉石
4 保育士の自己理解を深める  発達援助職のメンタルヘルスとスーパービジョン 倉石
2014年 春期 1 愛着に難しさを抱える保護者と向き合う 倉石
2 発達障害の世界と向き合う 石川
2014年 秋期 1 困難を抱える保護者と向き合う 倉石
2 発達障害の世界と向き合う 石川
2015年 1 困難を抱える保護者への支援 倉石
2 発達障害の理解と援助 石川
2016年 1 配慮が必要な保護者への関わり ~愛着を軸に考える 倉石
2 配慮が必要な子どもへの関わり ~発達障害を考える 石川
2017年 1 困難を抱える保護者へ支援 倉石
2 発達障害・気になる子どもの援助 石川
2018年 1 虐待が疑われる家庭への支援 ~気づき・発見から親子の支援まで~ 倉石
2 子どもの睡眠の問題への理解と対応 ~発達障害との関わり~ 中井
2019年 1 現代の親理解と子育て支援 倉石
2 睡眠から子どもの発達を考える ~子どもの睡眠の問題と発達障害~ 中井

近年の勉強会案内

 勉強会の案内は、本学が立地する西宮市を中心に尼崎市、宝塚市、伊丹市、芦屋市の公市立の保育所、こども園、子育て支援施設、大阪市と神戸市の一部の保育施設に案内チラシを配布しています。1回の講義に約60~80名の参加者となっています。

活動報告